我々は「妊娠」に何を求めているのか

一般的に、妊娠中は当然のこととして、妊活期間から十分な摂取が求められる葉酸なのですが、日々の生活に追われていると、十分な摂取が出来なかった、という事も良くあると思います。こうした摂取不足に関する悩みは多くの方が抱えていますが、簡単な解決方法があります。それがサプリメントなんです。サプリを飲めば、食生活に負担をかけることなく理想的な葉酸量を補ってくれますので、食事での葉酸摂取に不安がある方も心配の必要が無くなります。

皆さんご存知のように、妊娠中には葉酸以外にも様々な栄養素が不足しがちです。また、葉酸には単体で摂取しても吸収率が悪いという特徴があります。ですから、サプリを選ぶ際のポイントとしては、ミネラル、ビタミンなどの、葉酸の吸収を助ける栄養素が複数配合されたサプリを選びましょう。具体的には、25種類前後の栄養素が含まれたサプリであれば栄養をしっかりと補給できますし、それぞれの成分が効率的に働いてくれるでしょう。こうしたサプリは胎児の健やかな成長に働きかけるだけでなく、妊娠しやすい体を作る基本の栄養素でもありますから、いま、赤ちゃんが欲しいと妊活をされている場合も早めの摂取を心がけてください。

妊娠前から妊娠3ヶ月の妊娠初期において、葉酸の摂取が推奨されています。ところで、妊娠後期の妊婦には葉酸が必要ないのでしょうか。実際にはそうではないのです。赤ちゃんの先天性異常の発症リスクを抑えてくれる、という葉酸の効果だけを見た場合に、先に述べた妊娠初期という摂取時期が重要な期間だという事です。ですから、妊娠期間中のなかでも、特に妊娠初期の段階での葉酸摂取を意識しようという事なのです。

実は、妊娠を計画している女性に向けて、厚生労働省の勧告により、葉酸の適切な摂取が求められています。
育毛剤のレビューサイト
受胎時からおなかの中の赤ちゃんは細胞分裂を始めますが、葉酸にはこの細胞分裂を正常に促す作用があると言われています。そのため、葉酸の補給が不十分になると、赤ちゃんが、先天的な障害(神経管閉鎖障害など)を発症する可能性が高まるといった研究結果が出ているのです。もちろん、葉酸を摂取したら確実に発症を回避できるのかと言うとそうではありません。ですが、可能な限りそのリスクを低減するために、妊娠前から妊娠初期にかけての期間は、食事で摂取する分の葉酸以外に、1日400μg(0.4mg)を目標に、葉酸の摂取を心がけてください。サプリや栄養補助食品による補給も、厚生労働省が推奨しています。